ドワンゴ取締役・夏野氏「未来を知りたければ攻殻機動隊を見ろ」

ドワンゴ取締役・夏野氏「未来を知りたければ攻殻機動隊を見ろ」

 ニコニコ生放送は2011年6月1日、雑誌「FJ(ファイナンシャル ジャパン)」が7月号で特集した劇場版アニメ攻殻機動隊S.A.C. SSS 3D』企画の続きとして、『攻殻機動隊S.A.C. ファン鼎談on FJリターンズ』を放送。"攻殻"の識者3人が、『攻殻機動隊S.A.C.』の魅力について語った。中でも出演者のひとりであるドワンゴ取締役・夏野剛さんは番組内で「未来を知りたければ攻殻機動隊を見ろ。攻殻は最も適切な日本の未来」と"攻殻愛"にあふれた持論を展開した。

 『攻殻機動隊S.A.C.(STAND ALONE COMPLEX)』は2002-03年に放映されたテレビアニメーション作品。総理大臣直轄の防諜組織・公安9課(通称・攻殻機動隊)のメンバーが"電脳化"の進んだ近未来世界で活躍する設定の物語である。士郎正宗さんによる原作、そして押井守さんが手がけた劇場版シリーズとはまた違う、『第三の攻殻機動隊』として人気を集めた。後に『東のエデン』などの話題作を監督する気鋭のアニメ作家・神山健治さんの出世作でもある。

 夏野さんは、原作からアニメまでシリーズのほとんどを網羅している生粋の『攻殻機動隊』ファンだという。もちろん『攻殻機動隊S.A.C.』もお気に入りだといい、『攻殻』シリーズが取り上げてきたテーマは、多くが今の日本の重要課題になっていると、その先見性を絶賛する。

 共演者である公認会計士の磯崎哲也さんや、アニメ評論家の藤津亮太さんも夏野さんの見解に同意。通信機器などの発達、さらに義肢やレーシックなどを例に挙げ、「義体化」(作中用語。『攻殻』世界では脳と中枢神経以外のすべての器官が機械化できる)や、「未来での人間の在り方」について示唆に富んでいると話した。一方で、原発問題など今日の社会的な問題についても、『攻殻機動隊』は20年前から取り上げてきたと指摘。「SF世界と現実の諸問題が適度にミックスされた、『攻殻』シリーズの描いた世界がいよいよ現実味を帯びてきた」と、『攻殻機動隊』の問題提起、その奥深さや魅力が尽きないことを視聴者に示していた。


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2011年6月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。