大震災の教訓 「記憶を一緒に伝えないと災害の記録も"ただの映像"になる」

大震災の教訓 「記憶を一緒に伝えないと災害の記録も"ただの映像"になる」

 「此処(ここ)より下に家を建てるな」――。1933年に起きた「昭和三陸地震」では次の世代への教訓として、いくつかの石碑が残されている。それと同じよように今度は東日本大震災の経験をいかに次の世代へ伝えていくかが課題となる。

 東日本大震災から約7ヶ月経った2011年10月8日、岩手県遠野市でシンポジウム「東日本大震災の記録とその活用―311まるごとアーカイブスの目指すもの」が開催された。「311まるごとアーカイブス」(正式名称:東日本大震災・災害復興まるごとデジタルアーカイブ)は、デジタルで被災地の失われた「過去」の記憶を再生し、被災した「現在」と復興に向けた「未来」の映像や資料を記録するとともに、まるごと保管することを目的とするプロジェクトだ。

■震災の教訓はいつしか忘却される!?

 シンポジウムの第2部では「データの収集・活用をめぐる課題とアイディア」について議論が行なわた。会場からの質問コーナーでは、岩手県の男性が「過去にも大きな津波が起きているから、必ず記録を残そうという動きが出ている。結果として、それが石碑だとかある。(しかしながら)どういうわけか、いつの間にか(教訓が)忘却されているということが起きている」とした上で、「忘却させないためにはどうしたらいいか」「どうして忘却が起きるのか」と質問した。

 これに対し釜石市の野田武則市長は、「昔の人は石碑を建てて教訓として残した。あるいは記録を作ってそれを教訓とすべしということで我々(後世の人間に)伝えてくれた。あるいは当時を体験した方々が世代、世代にその恐ろしさを伝えてくれた。だけれど、また同じような被害をこうむってしまった」と述懐。その上で、


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2011年10月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら