「絶望の街に光を灯したい」浪江町の牧場で今なお牛を育てる吉沢氏が会見

「絶望の街に光を灯したい」浪江町の牧場で今なお牛を育てる吉沢氏が会見

 福島第1原発から20キロ圏内の「警戒区域」では、残されたままの動物や家畜が凄惨な状況になっている。衛生上などの問題から、政府は警戒区域内の家畜の殺処分を決定したが、これに服しまいとプロジェクトを立ち上げた畜産農家がいる。福島県浪江町にあるエム牧場の吉沢正己さんだ。2011年10月9日、吉沢さんは自由報道協会主催の記者会見に出席し、プロジェクトの現状を報告。「『絶望の街』に希望の光を灯したい」と語った。

「畜産業は子牛を立派に育て、そして最高の値段で販売する。それをずっと生き甲斐としてやってきた。エム牧場では牛舎造りだって自力です。そんな中で(牛たちを)餓死させることはどうしてもできなかった」

 そう話す吉沢さんは、自ら被ばくする危険性も顧みず、福島第1原発から14キロ地点、福島県浪江町にある牧場で300頭の牛たちを育てている。警戒区域内に立ち入れば10万円の罰金。それでも吉沢さんは抜け道を探し、エサをやり続けてきた。もはや家畜としては経済価値をなくした牛たちに、殺処分でなく新しい〝生きる意味″はないかと苦悩した吉沢さんが始めたのが、飼育した牛を研究機関に提供する「希望の牧場プロジェクト」だ。これは牛たちを、1.食べられるレベルまでの牛を除染することはできるのか、2.放射能が遺伝子に与える影響、3.放牧した家畜の行動を調べるための研究対象にしようというものだ。

 吉沢さんは、放射能汚染の影響で農業の再開は難しく、すでに人口の半分以上が他県に移り住んだ福島県浪江町について、「"死の街"と言われたが、その通りです」「私は絶望の街・浪江町と呼んでいる」とした上で、


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2011年10月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら