マスコミの「報じている」は自己満足? 受け手に「伝わらない」報道

マスコミの「報じている」は自己満足? 受け手に「伝わらない」報道
拡大する(全4枚)

 東日本大震災の報道を分析すると何が見えてくるのか――。2011年10月13日のニコニコ生放送「朝日新聞 Journalism」のテーマは「大震災報道の6カ月」。ゲストに3.11以後の震災・原発事故報道を検証した専修大学教授の藤森研氏を招き議論した。そこから見えてきたのは、情報を伝えようと健闘しながらも、「空回り」しているかのようなマスコミの姿だった。

 藤森氏は、3.11以後の3カ月間、在京6紙と地元4紙の紙面を分析し、各社の報道傾向や社説の変化、地域による被害の大きさと報道量の関係などを調べてきた。こうした結果を踏まえて、藤森氏は「みんなが、何が起きたか知りたい。それに必死で答えようとしたのは間違いないと思います」と新聞の取り組みに対し一定の評価を与えた。しかし、その成果については、「ある程度果たせたと思いますが、特に原発や低線量被ばくの情報については読者に対して強い不満を残したのではないかと思います」と言う。

 氏は、この原因を2つに分けて説明する。1つは、東電や政府がしばらく原子炉の中に入れず、推測で語るしかなかったことと、分かっていても情報を隠してしまったという発表主体の問題。もう1つはそれに対して、きちんと取材し、報道し切れなかったマスコミ側の問題だ。

■隠すことはしない。だが憶測で記事は書けない

 これに関連して、Journalism編集部の鬼頭恒成氏は、

「日本の新聞が外国の新聞と比べて何が特徴かというと、部数がむちゃくちゃ多いことだと思うんですね。そういうことを考えたとき、新聞が報じたことによって、かなり多くの人たちに影響を与える可能性があるので、非常に慎重にならざるを得ない」

この記事の画像

「マスコミの「報じている」は自己満足? 受け手に「伝わらない」報道」の画像1 「マスコミの「報じている」は自己満足? 受け手に「伝わらない」報道」の画像2 「マスコミの「報じている」は自己満足? 受け手に「伝わらない」報道」の画像3 「マスコミの「報じている」は自己満足? 受け手に「伝わらない」報道」の画像4
編集部おすすめ
ニコニコニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク