「野生の研究者」たち多数参加 ユーザー参加型研究「ニコニコ学会β」開催

「野生の研究者」たち多数参加 ユーザー参加型研究「ニコニコ学会β」開催

 東京・六本木のニコファーレで2011年12月6日、ユーザー参加型研究をおこなう「第1回ニコニコ学会βシンポジウム」が開催された。同シンポジウム中では、有識者のほか、公募で集まった研究発表者が登壇する時間も設けられ、ロボットの操縦を研究する吉崎航さんによる倒れないロボット操縦システムが「野生の研究者大賞」を受賞した。

 ニコニコ研究会は、ニコニコ動画などに代表される、ユーザーが創造活動に参加することで盛り上がる「ユーザー参加型コンテンツ」の考え方を基に、ユーザーと学会、ビジネスを繋ぐ「ユーザー参加型研究」の価値を追求するというもの。「ニコニコ学会β」は、その研究発表と研究者の交流の場として位置づけられている。

 ユーザー参加型コンテンツに関わる企業や研究者の発表・議論が行われるなかで、「ユーザー参加型研究」にとても近いかたちであったとも言えるのは、「研究してみたマッドネス」と題された第5部。これは、自薦他薦で集まった総勢約30名が各自の研究発表を行い、審査員と視聴者の投票によって「野生の研究者大賞」を決めるもの。

 今回大賞を受賞した吉崎さんが発表した「V-sido(ぶしどー)」は、ロボットを思い通りに操作する感覚を実現しながら、ロボットが倒れないようにサポートをしてくれる操作システムのこと。システムが仲介して体勢が安定化されるので、バランスを保ちながら片足で立ったたり、棒を振り下ろしたりなどの緩急を付けた動作も実現できていた。
 
 「V-sido」を利用すれば、小さなロボットから大きなロボットまで操作が可能になると吉崎さん。野生の研究者大賞を受賞し、記念の「ダルマ」が贈呈されると、


ニコニコニュースの記事をもっと見る 2011年12月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。