テレビでは報道されない『はやぶさ』後継機、予算削減の危機

テレビでは報道されない『はやぶさ』後継機、予算削減の危機

 昨年6月、小惑星探査機『はやぶさ』が地球に帰還した。当時、日本中のメディアがこの話題を取り上げ、大ブームとなったことは記憶に新しい。だが、その後継機となる『はやぶさ2』の計画に今、「予算削減」という名の暗雲が漂っている。2011年12月10日、テレビメディアの問題を提起するテレビ番組「新・週刊フジテレビ批評」では、科学ジャーナリストの松浦晋也氏が登場し、テレビであまり報道されていない『はやぶさ2』の危機を解説。番組中、松浦氏は、『はやぶさ2』の予算削減は、「子どもに『良いことしたら殴られる』と言っているのと同じ」と語った。

 2003年に打ち上げられた『はやぶさ』は、小惑星イトカワの観察し、物質を持ち帰ると世界初の偉業として大きな注目を集めた。これに続く『はやぶさ2』の目的は、イトカワよりも有機物や水をより多く含むと考えられている小惑星1999 JU3の探査だ。現時点では2014年~2015年に打ち上げることが予定されている。

 しかし、この計画の実行が難しいかも知れないと松浦氏は話す。現在「日本再生重点化措置」の中で文部科学省が要望している324億円のうち、70億が『はやぶさ2』のための予算だ。だが来年度の予算編成では、東日本大震災の復興などを背景に予算が大きく削られる公算が高く、そうなれば計画の延期もしくは中止の可能性も出てくる。というのも、『はやぶさ2』を小惑星1999JU3に送るためには、2014年ごろに打ち上げる必要があり、準備を急がなければならないからだ。


ニコニコニュースの記事をもっと見る 2011年12月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。