猫カフェの深夜規制は必要か?"猫のストレス"めぐってすれ違う環境省と経営者の言い分

猫カフェの深夜規制は必要か?"猫のストレス"めぐってすれ違う環境省と経営者の言い分
「猫カフェ きゃりこ」新宿店の猫

 都心部でOLやサラリーマンの人気を集めている「猫カフェ」。ペット禁止の集合住宅に住んでいても、気軽に猫と触れ合える"癒しスポット"として話題だが、動物愛護法の施行規則改正で、2012年6月1日から午後10時以降の営業が禁止される方針が固まった。深夜まで残業している人にはつらい内容だが、一体、なぜ猫カフェ規制が必要なのか。今回、ニコニコニュースでは環境省の担当者と、猫カフェ経営者の双方の言い分を聞いてみた。「規制される側」と「規制する側」――彼らの主張はどこが異なるのだろう。


・[ニコニコ生放送]ニコ生フライデー「猫カフェ 最後の日!?」 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv90361112?po=newsexite&ref=news


■環境省「"展示"ならペットショップも猫カフェも同じ」


 もともと今回の規則改正は、犬や猫のペットショップでの夜間展示を規制するのが狙いだった。展示を午後8時以降は禁止することの余波で、猫カフェも午後8時までになる方針だった。


 しかし、猫カフェ経営者達の反対で午後10時までに緩和された経緯がある。4月16日の環境省の中央環境審議会では、「カフェ内で猫たちが自由に動き回れる環境を整備すること」を条件に、猫カフェの営業を午後10時までの営業を認めることになった。ただし1歳未満の子猫には適用しない。


 これは規則改正後2年間の経過措置であり、この間に夜間展示がペットに与える影響などを把握し、今後の規制のあり方を再検証する。環境省は今後、市民の意見を公募するなどした上で、2年後の猫カフェ規制の最終決定をするという。

...続きを読む

あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2012年4月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。