萌えキャラで戦争を描くことで、理解と共感が得られる!? 岡田斗司夫が語る「萌えによる世界侵略」

萌えキャラで戦争を描くことで、理解と共感が得られる!? 岡田斗司夫が語る「萌えによる世界侵略」
ニコニコニュース

 1971年に放映された、タツノコプロが制作したテレビアニメ『アニメンタリー 決断』。太平洋戦争のノンフィクションドラマをアニメを使って表現した本作が現在、動画配信サービスHulu(フールー)で配信されている。


 これを受けて、岡田斗司夫氏は3月19日配信の『岡田斗司夫ゼミ』にて、戦争をテーマにした作品を萌えアニメでリメイクするということについて言及。岡田斗司夫氏が語る「萌えによる世界侵略」とは何なのでしょうか。


すべての写真付きでニュースを読む


萌えキャラは、雑味を消してくれる魔法の調味料


岡田:
 萌えアニメでリメイクするのは、案外、穴場じゃないかなと思います。萌えキャラというのは、実はいろんな雑味を消してくれる魔法の調味料なんですよ。物語本編に集中させる力がある。だから、太平洋戦争を全部美少女キャラで、『魔法少女まどか☆マギカ』っぽく作ったら、僕は見るんですよ。たぶん、昭和天皇から山本五十六まで全部萌えキャラでやったら、これまで戦争アニメを絶対に見なかったやつも、ほぼ全員見るんじゃないかなと思うんです。


 海外はこれからひたすらCGで、これまで見れなかった映像を出してくる。『プライベート・ライアン』の頃から今に至るまで、それまでの戦争映画では不可能であったものをどんどん出してくるんですね。


 (視聴者からのコメントを読む)「ガルパンとどこが違うんだ」ですか......。『ガールズ&パンツァー』みたいに洒落のフリはしない。本気でやっちゃうんですよ。海外がこれまで見れなかった映像で攻めてくるんだったら、日本はこれまで誰も思いつかなかったキャラ化で戦うべきですね。


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2017年4月1日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら