【東大研究者が解説】「ケモナーはスプラに来るな」→怒り心頭のケモナーらが動物イラスト大量投稿で抗議運動へ――いま海外で話題「ファーリーズ・ウォー」背景にある"差別"

【東大研究者が解説】「ケモナーはスプラに来るな」→怒り心頭のケモナーらが動物イラスト大量投稿で抗議運動へ――いま海外で話題「ファーリーズ・ウォー」背景にある"差別"
ニコニコニュース

イカの画像を見てほしい。


https://twitter.com/benrmorton/status/893012093921665025?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fnews.denfaminicogamer.jp%2Fkikakuthetower%2F170809


 これは、7月末に世界同時発売され、ワールドワイドな人気を集めている大ヒットゲーム『スプラトゥーン2』で起きている光景だ。ここ数日、海外版の「広場」で大量の「ケモノ」イラストが投稿されていることが話題となっている。Twitterではその様子がスクリーンショットと共に拡散され、多くの世界中のユーザーが困惑している状況だ。


すべての写真付きでニュースを読む


 実は本件、その背後には海外の「ケモナー(ファーリー)」たちの差別への「怒り」があるという。なにしろ、今やこの大量のイラスト投稿は「ファーリーズ・ウォー」という名前さえ付けられているのだ。世界中のほとんどの人は「!?」だろうが、これは歴とした差別への抗議運動なのだ。
 とはいえ、一見なんの関係もなさそうな『スプラトゥーン』とケモナー......一体なぜ突然こんなことが起こっているのだろうか?


 ......この疑問を聞くのにぴったりの人物がいた。かつて電ファミで『けものフレンズ』大ヒットの理由について取材した、「ガチケモナーな東大研究者」だ。


あわせて読みたい

ニコニコニュースの記事をもっと見る 2017年8月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。