「ゴミは私にとっては宝物」。“ゴミを生み出すような仕事”から“ゴミから何かを生み出す仕事”へ転身した韓国のデザイナー

ゴミを素材に、カバンやポーチ、フロアマットなどを製作する韓国の小さなデザイン会社「JUST PROJECT」。事業内容の通りゴミが「魅力的な素材」になりえるという事実をビジネスを通して伝えているのが特徴だ。最近では製品を作って消費者に売るだけでなく企業やそれ以外の組織に向けたの事業「PROJECT02」を開始し、より広範囲に影響力を広げている同社。今回は、原宿で開催されたサーキュラーエコノミー(=循環型経済)を新しいビジネススタンダードとして考えるイベント「530conference 2019」に参加するために来日していた同社のデザイナーのYi Young Yeon (イ・ヨンヨン)に、プロジェクトを始めた経緯から、なぜそのような事業に着手するようになったのかまでを聞いた。

「ゴミは私にとっては宝物」。“ゴミを生み出すような仕事”から“ゴミから何かを生み出す仕事”へ転身した韓国のデザイナー
Yi Young Yeon (イ・ヨンヨン)

ゴミはインスピレーション源

「ゴミ集積場はインスピレーション源」「これはゴミだけど、私にとっては宝物」といったJUST PROJECTの掲げるステートメントのようなユニークな考えを幼い頃より持ち続けるデザイナーのヨンヨン。彼女は10年ほど別の企業でプロダクトデザイナーとして働いていたが、振り返ってみると、それはある意味で「ゴミを生み出すような仕事」だったと話す。幼い日には捨てられた箱や包み紙などをゴミ捨て場から持ち帰ってしまう少女だった彼女がそこで思いついたのが、そのようなゴミを材料に何かを生み出すこと。そうして、ヨンヨンがフィリピンに滞在していたときに、ゴミを日用品として再利用している人たちと出会ったことが、直接のきっかけとなり始動したのがJUST PROJECTだ。ゴミに対する見方はその頃から変わっていない。それを「これはゴミだけど、私にとっては宝物」というような短い言葉で説明できるようになるまでには、ブランドを始めてから2年くらいかかってしまったけどね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

NEUT Magazineの記事をもっと見る 2019年7月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら