バーチャル世界を1つに! 標準3Dアバター規格を普及させる「VRMコンソーシアム」発足へ

バーチャル世界を1つに! 標準3Dアバター規格を普及させる「VRMコンソーシアム」発足へ
バーチャルキャスト取締役COOの石井洋平氏

IVR、エクシヴィ、S-court、DUO、ドワンゴ、バーチャルキャスト、ミラティブ、Wright Flyer Live Entertainment、クラスター、クリプトン・フューチャー・メディア、SHOWROOM、ピクシブ、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの13社は「VRMコンソーシアム」を2019年2月に設立すると発表した。目的は、VRMの策定と普及。加入企業は随時募集していくという。

「VRM」とは、VR向けの3Dアバターファイルフォーマット。プラットフォーム共通のファイル形式で、対応しているアプリケーションであれば、異なるサービスでも同じアバターの3Dモデルを使えるというものだ。3Dの事実上の標準フォーマットである「glTF2.0」をベースに、人型モデルを取り扱うために必要な情報の拡張と制約を追加した規格。UnityでVRMファイルを読み書きする標準実装を提供しているが、プラットフォームには非依存で、ほかのエンジンや環境でも取り扱うことができる。

コンソーシアムの事務局を務めるバーチャルキャスト 取締役 COOの石井洋平氏は「今や、誰でも3Dアバターを作成、使用できる時代です。これまでは、複数のプラットフォームを利用する際に、アバターを自由に使える環境が整っていませんでした。そこで、プラットフォームに依存しないで、どこでも共通で3Dアバターを使うための標準フォーマットを作成しようと、今回VRMを提唱しました」と、VRMを提唱することになった背景を語った。


あわせて読みたい

NewsInsightの記事をもっと見る 2018年12月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。