ミクのアシストで“To LOVEる”回避!? ホンダの「osoba」で次世代ドライブ

ミクのアシストで“To LOVEる”回避!? ホンダの「osoba」で次世代ドライブ
osobaの画面イメージ

ホンダドワンゴは、スマートフォンアプリ「osoba」を共同で開発し、1月11日に提供開始した。

同アプリは、スマートフォンをホンダのスポーツカーS660にUSB接続することで、ガソリンの残量など、クルマのステータスを確認できるというもの。走行中には、ボーカロイドの「初音ミク」が「速くなってきたので制限速度に気を付けてね」「右に曲がっています」などの言葉をかけてくれる。

今回、アプリのリリースに合わせて、S660に初音ミクのデザインを施したコラボラッピングカー(いわゆる痛車)を手がけると発表。幕張メッセで開催されたカスタムカーイベント「東京オートサロン 2019」で、完成車が披露された。


公道でもちゃんと走れる初音ミクのデザインカー

今回、痛車のデザインを担当したのは漫画家の矢吹健太朗氏。矢吹氏といえば、週刊少年ジャンプで『BLACK CAT』や『To LOVEる -とらぶる-』などを連載していた漫画家である。特に『To LOVEる -とらぶる-』では、大胆な描写が話題となり、多くの人から「矢吹神」と崇められるようになった。

はたして、今回彼の手がけたコラボカーは、どのようなデザインに仕上がったのだろう。その完成車はこちらだ。

ミクのアシストで“To LOVEる”回避!? ホンダの「osoba」で次世代ドライブ
彼のイラストで公道を走ることはできるのか?湯気は仕事をするのか?どんなToLOVEるが起きるのか?矢吹氏がデザインすると聞いて、そんな不安を抱いた人も少なくないかもしれないが、ちゃんと全年齢対象のコラボカーに仕上がった
ミクのアシストで“To LOVEる”回避!? ホンダの「osoba」で次世代ドライブ
ミクのアシストで“To LOVEる”回避!? ホンダの「osoba」で次世代ドライブ

矢吹氏のデザインした初音ミクは、カワイイ系にまとめながらも、「ジャケットは着る! …けどなんか透けてる!」「肩を出せないなら腋を出す!」など、独自のこだわりがふんだんに込められている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

NewsInsightの記事をもっと見る 2019年1月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。