ジャニーズ初・バーチャルアイドルユニットが登場、二次元と三次元は融合できるか

ジャニーズ事務所から「バーチャルアイドル」が誕生し、その意外性に注目が集まっている。

嵐やV6、KAT-TUN、Kis-My-Ft2など、これまで活躍してきた同事務所のアイドルたちは、改めて言うまでも無く皆、生身の人間だ。だが2月19日に発表された「Johnny’s×SHOWROOM 『バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)』」に関して言えば、それは異なる。

同プロジェクトは、SHOWROOMで行うライブ動画配信が主軸。表に立つのはバーチャルキャラクターで、キャラクターの声を担当する演者(キャラクターボイス:CV)として、ジャニーズ事務所のアイドルが配役されているという座組みだ。

プロジェクト第一弾として今回発表されたのは、関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎さんと大橋和也さんがCVを務めるキャラクター。この企画を若手の登竜門として考えていることが伺える。

ジャニーズ初・バーチャルアイドルユニットが登場、二次元と三次元は融合できるか
クールな雰囲気の「海堂飛鳥(かいどうあすか)」(CV:藤原さん)と、元気なイメージの「苺空星空(いちごやかなた)」(CV:大橋さん)。キャラクターを手がけたのは、ニコニコ動画などで高い人気を誇る楽曲、動画制作チームHoneyWorks(ハニーワークス)のイラストレーター・ヤマコさん

また、会見当日の夜から、両キャラクターの動画配信がスタート。「海堂飛鳥」の配信は21:30から、「苺空星空」の配信は22:15から開始となっており、続けて見ることのできるスケジュールだ。発表に驚き、関心を持った人たちがその熱量のまま、今夜の配信に集まることが予想される。

これまではWebサイトではアイドルの写真は非掲載、電子書籍ではシルエットのみ掲載というケースもあるなど、インターネット対応には消極的だったジャニーズ事務所だが、2018年3月にはYouTubeに公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」を開設するなど、その姿勢は変化しつつある。


あわせて読みたい

NewsInsightの記事をもっと見る 2019年2月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。