スズキ「カタナ」が復活! 「ネオヒストリック」というバイクの新潮流

毎年春に大阪と東京で開催されるモーターサイクルショーは、ニューモデルが数多く展示されることもあって、その年の二輪車のトレンドを感じ取れる場となっている。ライダー歴約40年の筆者が今年のショーで感じたのは、「ネオヒストリック」の勢いが目立っているということだった。


ストーリーまで似ている新・旧「カタナ」

モーターサイクルは季節感をはっきり味わえる乗り物のひとつだ。冬は寒く、夏は暑く、風や湿気の程度も分かる。だから、春が来ると急に気になる存在になる。その気持ちを察するかのように毎年3月、大阪と東京でモーターサイクルショーが開催され、多くのニューモデルが発表される。

ただ、今年の場合は、ある車種への注目度が並外れていた。スズキの新型「カタナ」(KATANA)だ。初代「カタナ」は1980年、西ドイツ(当時)のケルンで開催された二輪車ショーに初登場すると、日本刀をイメージした前衛的なスタイリングで、世界のモーターサイクルファンから注目を集めた。その復活版である「カタナ」が今回、ついに日本で初公開となった。

スズキ「カタナ」が復活! 「ネオヒストリック」というバイクの新潮流
スズキの新型「カタナ」

新・旧の2台に共通するのは名前だけではない。鍛錬を重ねた日本刀を思わせる、切れ味の鋭いタンクやカウルのフォルムは、モダンにアレンジされつつも継承されている。時代に合わせてLED化されたとはいえ、角型のヘッドランプも新・旧のカタナが共有する特徴だ。それだけではない。この2台、誕生までのストーリーも驚くほど似ているのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

NewsInsightの記事をもっと見る 2019年4月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。