「目には目を」の壮絶刑、イラン政府の真の狙い

 先週、イラン北部の都市キャラジの刑務所で男性の片目をくりぬく刑が執行されたと、国営メディアが伝えた。この男性は、5年前に別の男性の顔面に強酸を浴びせて失明させたとして、有罪判決を受けていた。

「おぞましい行為」だと、ノルウェーの首都オスロに拠点を置く国際人権団体「イラン・ヒューマンライツ」のマフムード・アミリーモガッダムは非難する。「ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)がやっていることとほとんど変わらないが、イランの場合は、専門の医師を使い、国家として秩序だって行っている。このような刑罰は、現代にはあってはならない」

 こうした「目には目を」の報復刑はイランの刑法で認められてはいるが、実際に執行されたのは初めてとされている。少なくとも、イランのメディアで報じられたのはこれが最初だ。

 イラン政府の狙いは、反体制派を抑え込み、国民に強烈なメッセージを送ることにあると、アミリーモガッダムはみている。核問題で欧米と交渉しているが、国内に変化はないと国民に思い知らせようとしているというわけだ。「政府の目的は権力の誇示だ。社会に恐怖を広げる上でこれほど効果的な方法はない」

 国際社会がISISの残虐行為を厳しく非難する一方で、核協議に配慮してイランの人権問題に目をつぶっているとすれば、ご都合主義の二枚舌と言われても仕方があるまい。

[2015.3.17号掲載]
フェリシティ・ケーポン

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2015年3月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら