アメリカの銃乱射事件は今年これで45件目

 バージニア州でリポート中のテレビリポーターとカメラマンが射殺されたのが今年8月。6月にはサウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で9人が射殺され、7月にはテネシー州チャタヌーガの米軍施設と、ルイジアナ州ラファイエットの映画館で銃乱射事件が発生......。
 
 そこへ、またも銃乱射事件が繰り返された。オレゴン州ローズバーグの2年制大学、アムクワ・コミュニティ・カレッジで昨日午前中、男がキャンパス内で銃を乱射し、少なくとも10人が死亡、約20人がけがをした。犯人は警察に射殺されたが、身元はまだわかっていない。

 銃犯罪の撲滅を目指す活動団体「エブリタウン・フォー・ガンセーフティ」によると、今年2015年にアメリカで発生した45件目の乱射事件だ。

大学での銃乱射ってどの事件?

「エブリタウン」は、ニューヨークのブルームバーグ前市長の提唱で設立された団体で、銃規制に向けて様々な法整備を促進している。一度に4人以上が死亡したケースを「マス・シューティング(銃乱射による大量殺人事件)」として統計をとっている。

「アメリカでは大学での銃乱射事件の話題になると、『どの事件?』と聞かなければならない。あまりに多いからだ。こんなことは他の先進国ではあり得ないし、受け入れ難いことだ。なんとかして現状を変えなければならない」と、07年にバージニア工科大学の乱射事件に遭遇したコリン・ゴダールは声明の中で訴えた。

「アムクワの事件の被害者やその家族全員と結束し、次の悲劇が起きる前に行動を起こすよう政治家に働きかけなければならない」

当時の記事を読む

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。