非常事態宣言まで出たフリント市の水道汚染は「構造的人災」 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

 ミシガン州フリント市で、水道水が高濃度の鉛で汚染されて健康被害まで確認され、オバマ大統領が「非常事態」を宣言する事態になっています。一体、何が起きているのでしょうか?

 フリント市は、デトロイト市から北西に50キロ離れた中規模都市で、自動車産業の拠点として有名でした。最盛期は60~70年代で、この頃の人口は20万人弱に達していたのですが、自動車産業の衰退とともに人口は減少して現在は9万9000人へと半減しています。

 また一時期の高福祉政策の結果として流入した貧困層のために、市の人口に占める貧困線以下の住民は26%に及んでいます。また人種ということではアフリカ系が57%、ヒスパニックが4%、非ヒスパニックの白人が36%となっています。こうした状況を受けて、市の財政は破綻し、現在は「財政非常事態」と認定されて「管財人の管理下」つまり、事実上はミシガン州の管理下に置かれています。

 このフリント市の盛衰に関しては、同市の出身である左派のドキュメンタリー映画監督であるマイケル・ムーアが出世作である『ロジャー・アンド・ミー』(1989年)で描き出しています。GMがリストラで利益を確保している一方で、フリントのコミュニティは根本から破壊されたということを、当時のGMのロジャー・スミス会長に「アポなし取材」で対決するという「ストーリー」がタイトルの由来です。

 ちなみに、ムーア監督は日本でも有名で人気がありますが、以前のコラムで取り上げたように、そもそもデトロイト、そしてフリントの自動車産業を「破壊」したのは日本車であることから、根っこの部分では日本に対しては複雑な感情を持ち続けているようです。

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2016年1月28日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。