「ヒトラー・ベア」「金正日・ラビット」からお友達へ、怖~いお話し

 ノルウェーの健康団体「LHL喘息とアレルギー(LHL)」が今月公開した、子どもの喘息予防を呼び掛けるキャンペーンシリーズが、思わぬ波紋を呼んでいる。

 このキャンペーン「テディベアは危ないかも」の画像や動画に登場するのは、ナチスドイツのヒトラーに扮したテディベア「ヒトラー・ベア」や、リビアのカダフィ大佐に扮した「カダフィ・ベア」、それに北朝鮮の金正日キム・ジョンイル)総書記に扮したウサギ「ジョンイル・ラビット」といった、独裁者の格好をしたぬいぐるみたち。

 LHLはこのキャンペーンで、子どもたちの喘息、アレルギーのリスクを軽減するために、保護者に対して、一年に最低4回はぬいぐるみを洗濯することや、寝具を高温で殺菌・消毒して子どもの寝室を清潔に保つことなどを提唱している。

リビアのカダフィ大佐にそっくりなベアもキャンペーンに登場 LHL ASTHMA AND ALLERGY

 LHLのトロン・ソルベン書記長は、「ぬいぐるみを洗濯する単純な作業で、子どもが喘息にかかるリスクを大幅に減少させることができる」と、話している。

 しかし、キャンペーンに思わぬところから物言いが入った。オスロのユダヤ系コミュニティの代表が地元紙の取材に応えて、「ヒトラーがこのように使われると、彼の真の危険性が理解されないのではないか」と懸念を示したのだ。

 ソルベン書記長は、キャンペーンに独裁者の格好をしたぬいぐるみを使ったのは、保護者に問題の重要性への認識を高めてもらうためだ、と説明している。

 ノルウェーで喘息やアレルギーにかかる子どもの数は、70年代から現在までに4倍に増加し、特に10歳以下の児童では20%以上に症状が見られているという。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
編集部おすすめ
金正日のプロフィールを見る
ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク