アイオワ州党員集会 共和党は正常化、民主党は異常事態へ

 2月1日にアイオワ州で党員集会が開催され、この日をもって長い長い予備選レースが動き出した。予備選は、まったく筋書きのないドラマ。毎回ではあるが、アイオワ州では「何かが起きる」と言われ、今回もその「何か」が起きた。

 まず共和党では、トランプ、クルーズが「1位・2位」になる可能性が高いという下馬評があり「3位はルビオ」という予想もされていた。こうした予想は間違いではなかった。だから「クルーズ、トランプ、ルビオ」という順位は、決して番狂わせとは言えない。

 問題は得票率。事前の世論調査(アイオワ州)では「トランプ(29%)」「クルーズ(14%)」「ルビオ(17%)」というのが平均値だった。ところが、フタを開けてみれば「クルーズ(28%)」「トランプ(24%)」「ルビオ(23%)」という結果だった。

 これは、何を意味するのか? 簡単にいえば、「トランプ惨敗、ルビオ善戦」という評価ができる。つまり、事前の世論調査では出てこなかったが、本番の党員集会となると「やはりトランプでは不安」だということ、そして「トランプの組織力が弱い」という問題が露呈したという解説だ。クルーズが勝ったというより、トランプが負けたことの方が重要、これは多くの識者が指摘している。

 一方ルビオに関しては、これまで「第3グループ」とか「第2グループ」と言われていたが、堂々と「先頭集団」に入っただけでなく、党内の「実務派のプロ政治家」代表という地位をほぼ固めたということが言えそうだ。少々気が早いかもしれないが、今回惨敗した(2%)ジェブ・ブッシュが撤退して支持に回れば、一気に勢いが出るかもしれない。

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2016年2月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら