支援物資を高値で売るシリア政権の「戦術」

 シリアのアサド政権とロシア軍は民間人を相手に戦争を仕掛けてきた。その武器はミサイルや樽爆弾にとどまらない。経済的な武器でも人々を締め上げてきたことは、シリア北東部の都市デリゾールのここ数カ月の状況を見れば明らかだ。

 ロシア軍は1月15日、デリゾールの2つの地区に6箱の人道支援物資を空から投下した。この2地区はシリア政府軍の支配下にあるが、1年余りにわたってテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)に包囲されている。

 ロシアのニュース専門局ロシア・トゥデーは、ロシア軍参謀本部のセルゲイ・ルドスコイの声明を伝えた。それによれば、ロシア軍はイリューシンIL78輸送機で数回にわたり22トンの支援物資を投下、物資は包囲された地区で住民に配布されるという。

 だが実際には、シリア政府軍第137旅団がすぐさま投下地点に駆けつけ、政府関連施設に支援物資を運び込んだ。

 アサド政権は物資を仕分けして住民に配布するためだと説明したが、政府軍は仕分けを終えるとすぐに物資を目抜き通りに運び、法外な値段をつけて食料品を売り始めた。

 サーディン200グラムが1200シリア・ポンド(約20ドル)、砂糖1キロが7000シリア・ポンド(約112ドル)、鶏肉ハム150グラムが1600シリア・ポンド(約26ドル)といった具合だ。

【参考記事】人間を「駆除」するアサドの収容所、国連が告発

 国連は2月、シリア赤新月社のデリゾール支部が配布できるよう、市内に21トンの支援物資を投下することを決定した。この作戦にはリスクが伴い、クレートが途中で破損したり、赤新月社が入れない地点に落下する可能性があることも考慮した上だった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク