挑発行為に隠された北朝鮮の本音

 2月のある寒い日の午後、ベルリンのヒルトン・ホテルに数人の元米外交官が駆け込んできた。向かった先は、洗練された内装の会議室。待っていたのは北朝鮮の政府高官だ。

 2日間にわたる秘密会合で、北朝鮮側は驚きの提案をしてきた。最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、朝鮮戦争(53年に休戦協定)に正式に終止符を打つ米朝協議を再開したがっているというのだ。

「再開?」と、首をかしげる読者もいるかもしれない。

 実は、両国は昨年から非公式に、休戦協定に代わる平和協定を締結する可能性を探っていた。ところがアメリカ側が、交渉の議題に核開発問題を含めるよう要求。これを北朝鮮が突っぱねたため、調整は決裂していた。その直後の今年1月、北朝鮮は水素爆弾(と主張するもの)の地下核実験に踏み切った。

 北朝鮮の4回目の核実験を受けて、米政府は北朝鮮の脅威に対処する新しい方法を探さなければと躍起になっていた。北朝鮮の新提案は、そんなタイミングで舞い込んできた。

 ベルリンから戻った元米外交官らは、ホワイトハウス地下の緊急司令室で、バラク・オバマ大統領の国家安全保障顧問たちに北朝鮮側の提案を伝えた。北朝鮮は核実験を1年間停止する用意があること。その代わり、アメリカと韓国が毎年実施している合同軍事演習の中止を要求していること──。

【参考記事】北朝鮮がアメリカに平和協定要求――新華網は2015年10月18日にすでに報道

あわせて読みたい

気になるキーワード

ニューズウィークの記事をもっと見る 2016年4月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ドナルド・トランプ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドナルド・トランプ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「首相」のニュース

次に読みたい関連記事「首相」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バラク・オバマ」のニュース

次に読みたい関連記事「バラク・オバマ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら