タリバン指導者殺害で何が変わるか

<米軍のドローンがイスラム原理主義勢力タリバンの最高指導者マンスールをパキスタンで空爆、殺害した。パキスタンの主権侵害も辞さずに攻撃を実施したオバマ米大統領の目的はこれで叶うのか> 写真は、パキスタンのペシャワルでマンスールの記事を読む人

 タリバンの最高指導者アクタル・ムハマド・マンスールは5月21日、パキスタンで米軍の無人機攻撃で殺害された。テロリストがパキスタン内に聖域を持つことは許さないというアメリカの意思表示だと、2012~14年まで駐アフガニスタン米大使を務めた大西洋評議会のジェームズ・カニンガムは指摘する。

 パキスタンで身の安全を確保しながら外の敵に脅威を与え続けるタリバンの戦略を、米政府はこれ以上見過ごさないという最初のメッセージだというのだ。

「テロや武装闘争で自分たちの国を取り戻せるなどという幻想を、タリバンは捨てなければならない。これまでタリバンの安全な避難所になってきたパキスタンで揺さぶりをかけるのはいい方法だ」

 マンスールは21日、アフガン国境に近いパキスタンのバルチスタン州を車で移動中に殺害された。

 オバマ米大統領は23日、「アフガニスタンの平和と繁栄に向けた長期にわたる努力のなかで重要な節目となる」と述べ、マンスールの死亡を確認した。

【参考記事】オバマに公約を撤回させたタリバンの勢力拡大

「罪のない無数のアフガン国民の命を犠牲にした暴力を終わらせようと和平交渉に取り組むアフガン政府の努力を拒否した」と、マンスールを非難した上、タリバンに対して、この長い紛争を終結させる唯一の道はアフガニスタン政府との和平協議に参加することだと呼びかけた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. タリバン 映画
ニューズウィークの記事をもっと見る 2016年5月25日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「タリバン + 映画」のおすすめ記事

「タリバン + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら