「若人よ、火星に来たれ!」 NASAが火星探査メンバー募集のポスターを製作

       
 生活環境は過酷、一日は地球の24時間より約40分長く、そして食べ物はおそらく美味しくない......。しかしそんなことは勇敢な火星探査チームにとって、まったく問題ではない――のだろうか?

 NASA(アメリカ航空宇宙局)は、火星への移住コロニーを将来整備する探査メンバーとして、探検家や農家、技術者、教師を募集するポスターを製作した。ビジュアルは、第一次世界大戦当時のアメリカの兵士募集のポスターをイメージしている。

【参考記事】NASA全面協力の火星サバイバル映画『オデッセイ』

「火星には何があるのだろう、って考えたことある? NASAもあるよ!」と、ポスターの説明文には書いてある。「その好奇心がNASAを新天地・火星や衛星のフォボス、デイモス探検へといざなう。目の前の渓谷、クレーターや丘を越えたら、そこには一体何が待っているのか――。NASAもいつの日か、探査機やメンバーの手で新しい発見をしてみたい」

 火星の現状を考えればあまりにも現実離れした謳い文句だが、宇宙を目指す血気盛んな若者は果たして集まって来るだろうか。

「太陽系最大の渓谷をハイキング。日没には青い夕陽と2つの月が見られるぞ」

「夜型人間は大歓迎! 衛星フォボスでは夜空に火星を眺めながらの資源採掘だ」

「宇宙でも家庭菜園みたいにトマト、レタス、豆、大根が育てられる」

「探査隊員募集:火星には何があるのだろう、って考えたことある? NASAもあるよ!」

「教師募集:どこに住んでいても、夢や成長のためには導いてくれる先生や英雄が必要だ」

「技術者募集:火星の過酷な環境でアンテナを修理したり、衛星に活動拠点を設置したり、キミに必要なのは技術と困難に立ち向かうガッツだ」

「サバイバルには組立てが必要だ。火星への行き帰りができる宇宙船を組み立て、滞在中のメンバーを守る住居も建設する」

「火星への旅にはたくさんの人や物が必要だけど、その中でも欠かせないのはキミなんだ!」

アンソニー・カスバートソン

当時の記事を読む

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月22日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。