ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

 イギリステリーザ・メイ新首相は13日、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長を外相に任命するというサプライズ人事を発表した。ネガティブ・サプライズだ。第一報が流れると何者かが、ロンドン北部にあるジョンソンの自宅近くのゲートに大きな看板をくくり付けた――「世界へ、ごめんなさい」

"Sorry world": This sign is on new Foreign Secretary @BorisJohnson's neighbour's fence #Cabinet pic.twitter.com/rjo4M3YM0o— Sky News (@SkyNews) 2016年7月14日

 看板のそばで待ち伏せていた英スカイニュースの記者が、帰宅したジョンソンを直撃。外相になった今、海外の首脳や政治家に対する過去の失言について謝罪をする用意があるかどうかを問いただした。「アメリカのオバマ大統領を筆頭に、謝らなければならない相手が何人かいますよね」

 ジョンソンは4月下旬、オバマは「一部ケニア人」だから「大英帝国を毛嫌いする」、イギリスに対して偏見を持っている、と英紙のコラムに書いた。ジョンソンは「前にも言った通り、アメリカ合衆国は列の先頭だ」と答えて家に入った。バラク・オバマ米大統領が以前、もしEUを離脱したら通商交渉でもイギリスは最後尾になる、と言ったことを受けたもの。

首相から逃げた?

 ジョンソンは過去にも問題発言を繰り返している。2007年11月には、ヒラリー・クリントンを「精神病棟にいそうなサディスティックな看護師」になぞらえて酷評。2005年には、国際社会における中国の影響力について次のように述べた。「中国は我々の脅威ではない。中国が世界を支配することなどあり得ないし、赤ん坊の頃から北京語(中国語)を教え込む必要なんてない」

 ドイツのフランク・ワルター・シュタインマイヤー外相は14日、ドイツの大学で演説をし、EU離脱派のリーダーで次期首相と目されていたのに保守党党首選への出馬を断念したジョンソンについて「EU離脱が決まった途端に逃げ出した、無責任な政治家」とこき下ろした。

エリザベス・パールマン

あわせて読みたい

気になるキーワード

ニューズウィークの記事をもっと見る 2016年7月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アンゲラ・メルケル」のニュース

次に読みたい関連記事「アンゲラ・メルケル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ナレンドラ・モディ」のニュース

次に読みたい関連記事「ナレンドラ・モディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「プラユット・チャンオチャ」のニュース

次に読みたい関連記事「プラユット・チャンオチャ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら