オバマが任期最後に発効させた「ガン戦争」法案

<大統領としての任期の最後にオバマが署名・成立させたのは、国を挙げてガン治療に取り組むという「21世紀治療法」。肉親をガンで亡くしたオバマやバイデン副大統領の思いが込められている>(写真:今月13日に最後の署名式に臨んだオバマ)

 今月13日、バラク・オバマ米大統領は「21世紀治療法」という法案に署名した。オバマは多くの議員らに囲まれて法案を成立させる署名式に臨んだが、おそらくこれがオバマにとっての最後の署名式になると見られている。

 オバマが任期の終盤に「21世紀治療法」を成立させたことは意味深い。この法律では、今後10年で個人の医療情報を活用する精密医療や脳研究、処方箋薬物の濫用防止、精神病に対する治療などを発展させる目的で63億ドルの予算が割り当てられることになる。だが特に注目されるのは、ガンとの戦いの強化だ。

 オバマは今年の年頭の一般教書演説で、ガン対策の「ムーンショット・プログラム」の立ち上げを明らかにした。このプログラムは18億ドルを充ててガン研究をさらに進めることを目的とし、人類最大の「敵」の一つであるガンに対抗するために国をあげた取り組みを行うものだ。

 そしてオバマは、ジョー・バイデン副大統領にこのプログラムを主導するよう指名した。というのも。2015年に息子を脳のガンで亡くしているバイデンにとって、ガンとの戦いは非常にパーソナルな問題だったからだ。この21世紀治療法は結局、超党派の広い支持を得て議会を通過した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク