相次ぐユダヤ人差別発言でドイツの極右政党AfDも終わった?

       
<反移民感情から支持を集めてきたドイツの極右政党AfDが、反ユダヤ主義と非難を浴び支持率急落。3月に極右ポピュリズム政党が総選挙で敗退したオランダの後に続くか?>

ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のフラウケ・ペトリー党首は、同党がユダヤ人を差別しているという批判に対してAfDはユダヤ人の数少ない守り手だと強弁した。世界ユダヤ人会議WJC)のロナルド・ローダー会長がAfDを「ドイツの恥」と批判したことに応えたもの。

ペトリーは4日発行の独ウェルト紙のインタビューで、「違法かつ反ユダヤ的な移民が増えているドイツにおいて、AfDはユダヤ人の暮らしを保証する数少ない組織のひとつだ」と語ったのだ。

AfDは9月の連邦議会選挙に先立って人気を集め、支持率も一時は15%まで伸びてアンゲラ・メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)など既成政党を慌てさせた。しかし、一部の党員が反ユダヤ主義的な言動で非難を浴びたことが影響し、ここ数週間は支持率も10%を下回っている。

【参考記事】オランダ総選挙、ポピュリズム政党敗退の裏側に見えるもの
【参考記事】メルケルを脅かす反移民政党が選挙で大躍進

党のテューリンゲン州代表であるビョルン・ヘッケ州議会議員は、ベルリンのホロコースト慰霊碑を「恥の記念碑」だとし、ウォールストリート・ジャーナル紙のインタビューでは、ナチスの総統アドルフ・ヒトラーは「絶対悪」ではないと発言した。「ヒトラーを絶対悪と呼ぶのは大きな間違いだ。歴史には白も黒もない」

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月7日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。