気候変動で飛行機が揺れやすくなる! 英研究者が発表

<英レディング大学の研究者は、「大気中の二酸化炭素濃度の上昇により、エアポケットが2倍以上に増える」という研究結果を発表した>

フライトの最中に突然、機内が激しく揺れ、不安を感じたり、気分が悪くなったりした経験はないだろうか。その原因のひとつが、エアポケットと呼ばれる晴天乱気流(CAT)。雲のない晴天の高高度で起こる予測困難な乱気流で、肉眼やレーダーでも確認しづらいため、これを回避することは難しい。

航空業界では、その強度を三段階で分類しており、やや動揺を感じるが腰が浮くほどではないものを"弱"、機内での歩行が困難で固定されていない物体が移動する程度のものを"並"、固定されていない物体がはね回るほどのものを"強"と定めている。

エアポケットが2倍以上に増える

英レディング大学のポール・ウィリアムズ准教授は、2017年4月、科学雑誌『Advances in Atmospheric Sciences』において、「大気中の二酸化炭素濃度の上昇により、"並から強"もしくは"強"に分類されるエアポケットが2倍以上に増える」との研究結果を公表した。

ウィリアム准教授は、すでに、2013年の研究論文で「大気中の二酸化炭素濃度が二倍になると、エアポケットが増える」ことを明らかにしている。気候変動により、水平または垂直方向に風速または風向の差がある状態、すなわちウインドシアが強まるとみられるためだ。

コンピューターシミュレーションを実施

当時の記事を読む

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。