イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

先週、母親からはぐれてスペインの海岸に迷い込んだイルカの赤ちゃんが海水浴客に「触ったり写真を撮られたり」して死んだという記事を掲載した。

「イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死」

このときイルカの救助に駆け付けた動物愛護団体が、ホームページに追加の「犯行写真」を掲載した。それを見ると、「触る」などと生易しいものではない。上に乗る、大勢で胴上げのように持ち上げるなど、人間たちが小さなイルカをよってたかってなぶり殺しにしている衝撃の記録だ。

この写真が本物ならば、同団体がイルカは「数百人」の群衆に殺された、と言っていたのもあながち誇張ではなかったことになる。群集心理というにはあまりに痛ましい。先週の時点では使えなかったが、今は「なぶり殺し」以外の言葉が浮かばない。

..

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2017年8月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら