ラスベガス乱射事件、史上最悪の犠牲にも動かない銃規制議論 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

<米史上最悪の銃乱射事件の発生を受けても、銃規制に向けた積極的な動きは見られない。当面の焦点となるのはその中でも些末な2つの問題>

10月1日にラスベガスで発生した乱射事件は、犠牲者58人、負傷者500人以上という空前の惨事となりました。過去最悪の犠牲者数、そして連射が可能に改造された強力なアサルト(攻撃用)ライフルが使用されたことなどを考えれば、銃規制の論議が起きるのは当然です。

ですが、現時点では議論は盛り上がっていません。その背景には2つの理由があります。1つは、現在のアメリカはトランプ政権、つまり「銃保有の権利を保障する」ことを公約に掲げて当選した政権の時代であることです。そのトランプ大統領は、10月4日にラスベガスを訪れていますが、ひたすら犠牲者への弔意を示し、警察の対応を賞賛するだけで、銃規制に関しては一切言及しませんでした。このトランプ政権の下では、銃規制の強化は難しいだろうという「空気」がアメリカでは濃厚です。

もう1つは、今回攻撃の対象となり多くの犠牲を出したのが、「アメリカ中西部が本場のカントリー音楽祭」だったということです。参加していた男性の多くがカウボーイハットをかぶっていたことに象徴されるように、極めて保守的なカルチャーの集団が狙われたことになります。

ですから、犠牲者やその家族の多くが銃保有派であることが考えられます。2012年にコネチカットの小学校で乱射事件が起きた時には、犠牲になった子どもたちの家族から銃規制運動が立ち上がりましたが、今回はそうした可能性は低いでしょう。

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ラスベガス乱射事件、史上最悪の犠牲にも動かない銃規制議論 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    死者が一度に約60人程度で規制に前向きな議論にならないなら、千人くらいで議論、1万人くらいでやっと規制。100万人くらいいっぺんに亡くなったときに銃の所持禁止になるのかな……。「パージ」の世界だね。

    1
  • 匿名さん 通報

    容易に大量殺人が可能なアメリカは先進国だね!自由って素晴らしいね!

    1
  • 匿名さん 通報

    日本の刀狩りを見習うといい。銃で身は守れない、先制攻撃のための武器だ。

    1
  • 匿名さん 通報

    銃規制に消極的な共和党大統領の時に、追悼する間もなく政権叩きに使おうとしているヒラリーはじめ民主党に国民も嫌気がさしているんじゃないか。

    1
  • 匿名さん 通報

    銃規制反対派が多いカントリー愛好者、且つトランプ支持のジョンリッチのライブ中を狙ったんだろう。

    1
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。