金王朝支える作家集団 初の「金正恩小説」は対米決戦勝利のシナリオ

このところミサイル実験などの挑発がやんでいるなあと思っていたら、平壌から1冊の短編小説集が届いた。「君子里の乙女」(文学芸術出版社)とある。作家はタク・スクボン。表紙は地下工場で一人の少女が砲弾の製造に携わっている絵である。岩盤に貼られたスローガンには「前線により多くの武器を送ろう!」とある。著者の名前を見て、ぴんときた。私には見覚えのある作家だった。金日成主席の事績をたたえる「不滅の歴史」シリーズで、長編の「命脈」を書いている。主人公は池(チ)ウンモ。日本の植民地時代、東京帝国大学を卒業し、平壌の陸軍兵器工場で銃の設計技師をしていた。解放後まもなく金主席が荒廃した工場を訪ね、池ウンモにソ連の援助に頼らず、自前の銃を持つ必要を説く。

「祖国を守り、人民を保護する銃を造ってほしい」

もう兵器造りはごめんだと思っていた池ウンモは次第に考えを変え、ついに国産第1号となる機関短銃を設計する。さらに朝鮮戦争が勃発するや、ひそかに山奥に移された地下工場で銃製造の責任技師として従事し続けるが、激化する戦火の中で倒れる。その地下工場の所在地が「君子里」であった。

作者のタク・スクボンこそ、恐らく現在、北朝鮮当局が最も重用しようとしている作家だと筆者はにらんでいる。それはなぜか?

軍需工場跡視察後に水爆実験を強行

作家の生い立ちを「命脈」の編集後記が詳しく紹介している。それによれば、タク・スクボンは1942年、中国黒竜江省生まれ。一貫して軍需工業、それも自力での国防力強化をテーマにしてきた。祖父は1919年の「3・1独立運動」に参加して指名手配を受けたことで故郷を離れ、北満州に逃れる。48年に祖国に戻り、60年に平壌第4高級中学校を卒業、朝鮮人民軍に入隊し、砲兵として服務する。前線での誇らしい軍隊生活は、作家に祖国に対する熱烈な愛、真の愛国主義を育ませた貴重な日々であり、希望を花咲かせる貴重な体験の瞬間ばかりだった、と記している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

金正恩のプロフィールを見る
ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「金正恩」に関する記事

「金正恩」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金正恩」の記事

次に読みたい「金正恩」の記事をもっと見る

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク