北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖



回虫に寄生されてもほとんど検知はできず、米センターの情報サイトによると、回虫が相当な数に増えるまで患者に症状はない。仮に症状が出ても分かりにくい。患者の便から検出されることがあるほか、症状としては胃痛や咳が出るぐらいだ。

米政府の医療情報サイトによると、回虫は抵抗力が強く、その卵は10~24カ月も生きられる。幸いなことに回虫は薬で駆除可能で、一般的には3種類の薬が使われている。

脱北兵士の場合は不幸なことに、寄生虫が回復の妨げになっている。担当外科医によると、医師団は「必死の治療」を続けているが、寄生虫が銃創のあたりを「食べる」のだという。

ケイト・シェリダン

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2017年11月17日の国際総合記事
「北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    ビックリだにゃ~!

    1
  • 匿名さん 通報

    日本でも50年くらい前までは少なくなかったと思う。人糞肥料が禁止になって、小中学校で検便とかするようになって、浄化槽が整備されて、水洗トイレが主流になってきて少なくなって・・

    0
  • 匿名さん 通報

    北朝鮮国内では以前からあらゆる伝染病が蔓延してるのは有名だが、井戸水とか川の水とか飲んでるのかな、たぶん下水施設も完備されてない、これで戦争できますかな。

    0
  • 匿名さん 通報

    トキソプラズマに感染したネズミの脳のように、銃殺される恐怖を感じなくなったのか、ハリガネムシに感染したカマキリの脳のように、国境を越えた新天地に移動したくなったのか、寄生虫と脱北の因果関係は如何に?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら