オプラが次期大統領候補になってはいけない理由

<いくら人々を感動させるスピーチができても、政治という「専門職」にセレブは手を出すべきではない>

1月7日に開かれた米ゴールデングローブ賞授賞式で、映画界への長年の貢献をたたえるセシル・B・デミル賞を受賞した人気司会者のオプラ・ウィンフリーは、差別やセクハラ問題の克服を訴える素晴らしいスピーチを行った。その後、ウィンフリーに20年大統領選への出馬を期待する声が広がっている。

しかし、ここではっきりさせておこう。ウィンフリーを含め、セレブにはホワイトハウス入りする資格はない。出馬を考えることさえすべきではない。

連邦政府を率いる仕事は、政治的なものであると同時に、専門知識を要するものだ。有権者は指導者に知識と経験を求めるべきだ。

連邦政府の公職に就く人々は、国がどう機能しているかに精通していなくてはならない。私たちは教師や医師には、その職業にふさわしい学歴や経験を求める。それと同じことだ。

ウィンフリーのようなセレブたちがそれぞれの分野で驚くべき成功を収めているからといって、「だったら国も率いることができるだろう」と考えてはいけない。大統領の責任は広範にわたるだけでなく、非常に複雑で専門的だ。

15の行政機関と200万人以上の職員を監督する義務がある。さらに自らの政治目標を実行に移し、議会と協調して法案を成立させ、最高司令官と国家元首の任務をこなさなくてはならない。

そもそもセレブを大統領に選べば最悪の結果になることを、私たちは既に知っている。

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2018年1月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら