【平昌五輪】開幕前日の軍事パレードは数カ月前から計画していた

<五輪開幕前日に北朝鮮が行う大規模な軍事パレードは、数カ月前から計画されていた。核実験施設も準備万端だ>

北朝鮮が韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開会式の前日2月8日に行う軍事パレードの計画を、数カ月前から進めていたことが、韓国の情報機関・国家情報院の報告で明らかになった。

韓国の聯合ニュースによれば、国家情報院は2月5日に韓国の国会で非公開の報告を行った際、出席した議員に対し、北朝鮮が昨年12月初めから少なくとも兵士1万2000人を動員し、軍事パレードの予行演習を繰り返していると明らかにした。さらに北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場にある地下トンネルは、実験実施に向けて「準備万端」だと警告。北朝鮮のハッカーが昨年韓国の仮想通貨取引所にサイバー攻撃を仕掛け、数百億ウォン(数十億円)相当の仮想通貨を盗んだことも報告した。

今回の軍事パレードは、朝鮮人民軍創建70周年を祝う記念行事だ。北朝鮮は当初2月8日を軍創建日として祝っていたが、1978年以降は、故金日成主席が朝鮮人民革命軍として知られた「抗日パルチザン」を結成した1932年4月25日を記念日として祝うようになった。

五輪が台無しになる

北朝鮮はかつて両方の日を記念日としていたが、1978年を最後に2月8日は重要な祝日とは見なさなくなっていた。金正恩朝鮮労働党委員長は2015年にそれを2月8日に戻したと、米国務省で北朝鮮分析を担当したロバート・カーリンは言う。新たな軍創建日に若き金正恩が軍事パレードを指揮するのは初めてだが、もともと金政権は重要な記念日に大規模な祝賀行事を行う傾向があるため、今回の開催自体に意外性はない。

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2018年2月7日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。