トランプ不人気でバイデン大統領の現実味

<次期大統領への意欲をちらつかせる前副大統領の本気度と現職大統領の勝算>

民主党のバイデン前米副大統領が20年の次期大統領選で、立候補の可能性に含みを持たせていると、2月18日にAP通信が報じた。まだ決断に至っていないが出馬を検討している、とバイデンが外交政策担当の側近らに直接語ったというのだ。

オバマ前大統領の下で8年にわたって副大統領を務めただけに、その知名度は抜群。73~09年に上院議員を務めており、政治経験も豊富だ。

共和党員ながらトランプに批判的で、彼から「負け犬」呼ばわりされたベン・サシ上院議員は、16年の大統領選でバイデンがドナルド・トランプ候補と戦っていたら、バイデンが「地滑り的勝利を収めていただろう」と、トランプ政権発足から間もない17年4月に認めていた。

民主党全国委員会のエド・レンデル元委員長も17年12月、バイデンを「私たちのスーパースター」と称賛。「今度彼が出馬を決断すれば、(トランプに)圧勝するだろう」と語った。

ただし、バイデン勝利の確率についてそれほど楽観視していないのがオッズメーカー(賭け屋)だ。賭けサイト「ベット365」は、バイデンよりも当選確率が高い候補者6人を予想している。

なかでも最有力候補は現職のトランプ。ほかにも共和党からはペンス副大統領、民主党からはエリザベス・ウォーレンやカマラ・ハリス、バーニー・サンダース、キルステン・ジルブランドといった上院議員4人が挙がっている。

当時の記事を読む

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月6日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。