北朝鮮との首脳会談、米側の主導権はCIAで国務省は蚊帳の外──米紙報道

<トランプ米大統領から新国務長官に指名されたポンペオCIA長官が、米朝首脳会談に向けた事前交渉に最前線で臨んでいる>

ドナルド・トランプ米大統領から新国務長官に指名されたマイク・ポンペオCIA(米中央情報局)長官が、5月までに予定されるトランプと北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による米朝首脳会談の実現に向け、事前交渉の陣頭指揮にあたっている、と米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。

現職米大統領とならず者国家の最高指導者による外交上最も大胆な賭けの一つとして注目を集める米朝首脳会談で、国務省は蚊帳の外に置かれ、代わりに情報機関が暗躍している現状が浮き彫りになった、とニューヨーク・タイムズは書く。ポンペオはCIAと北朝鮮の間に設けた裏の外交ルートを通じて、北朝鮮当局者と水面下で接触しているという。

ポンペオは昨年5月、米バージニア州ラングレーにあるCIA本部の中に北朝鮮の核・ミサイル問題を専門に扱う内部組織「コリア・ミッションセンター」を新設したと発表。「CIAはアメリカや同盟国に対する北朝鮮の重大な脅威に対処するため、これまで以上に資源を集中投下できるようになる」と、彼は言った。

北朝鮮には強硬姿勢

ポンペオが自ら北朝鮮との交渉にあたっていることから、なぜトランプがレックス・ティラーソン米国務長官を突然解任したのかも説明がつく、とニューヨーク・タイムズは書く。トランプは3月8日に金正恩からの首脳会談の要請を受け入れて以降、自分とウマが合う国務長官への交代を望んでいた。ティラーソンは以前から北朝鮮との対話路線を主張するなど、重大な外交方針をめぐって

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「北朝鮮との首脳会談、米側の主導権はCIAで国務省は蚊帳の外──米紙報道」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    知性と良識に欠ける人が諜報機関のトップになると、ほぼ確実に人道無視の暴挙が起きる。インテリジェンスの質も下がる。

    2
  • 匿名さん 通報

    アメリカはパルチザン連合のような独裁国家ではない。1対1の対話を要望する方がおかしい。それしか知らない哀れなパルチザン。

    0
  • 匿名さん 通報

    グアンタナモでの凄まじい拷問に国際的な批判が集中したのにブッシュもトランプもCIAも拷問を継続するつもり。中国と並んで最悪のクズ国家アメリカ。日本はクズのポチか。

    0
  • 匿名さん 通報

    こういう事は、今まではキッシンジャー氏が中心となって国務省が行ってきたのに。U2偵察機や暗殺ドローンを飛ばしてたCIAに交渉の主導権が渡ったとは、一体どういう事なのか?

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「金正日」のニュース

次に読みたい関連記事「金正日」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バラク・オバマ」のニュース

次に読みたい関連記事「バラク・オバマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドナルド・トランプ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドナルド・トランプ」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。