【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる馬たち

イギリスで、飼い主に捨てられ保護される馬が年間1000頭に達し、増え続けている>

騎士の国イギリスで、馬が捨てられ野垂れ死にしている。動物愛護団体の草分け、英国動物虐待防止協会(RSPCA)が昨年保護した馬の数は1000頭近くにのぼる。2012年から馬を捨てないよう訴えているが、問題は悪化するばかりだという。

「イギリス中で、ゴミのように捨てられた馬が死ぬか、死にかけている」と、もう何年も悪化を続けている馬の受難についてRSPCAのクリスティン・マクニール検査官は言う。「動物虐待通報用の番号には、馬だけで毎日平均80件も電話がある。馬のことをとても心配してショックを受けている人々からだ」

ある馬は大みそかの日、泥のなかに倒れているのが見つかった。持ち主はおそらく、弱った馬の面倒をみるのが嫌で捨てたのだろうと、RSPCAは言う。馬の世話には費用がかかる上に、景気の低迷が重なったのが原因の一つとみられている。

If you've been saddened by the #HorseCrisis on #VictoriaLive this morning, please consider sponsoring a stable. We currently have 928 horses in our care, and it costs more than £3m per year to care for them, excluding veterinary costs https://t.co/s4G4SRo6DM pic.twitter.com/AhiNwpDAKd— RSPCA (England & Wales) (@RSPCA_official) 2018年4月24日

ジェームズ・テナント

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2018年4月25日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。