不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

不法移民の親子引き離しが問題になっているアメリカで、移民の子供たちを大量の抗うつ剤などで大人しくさせていた疑いが浮上>

不法入国した親から子供を引き離して収容していることが非人道的とスキャンダルになっているアメリカで、収容施設に入れられた移民の子供たちが薬漬けにされているかもしれない──6月20日に明らかになった訴訟から、信じられないような疑いが浮上した。

問題の施設は、米テキサス州ヒューストン近郊にある。メキシコとの国境で親と引き離されたケースもある移民の子どもたちが、トラウマ(心的外傷)を受けないようにする強硬策として、当局から大量の向精神薬を強制的に飲まされていたという。

行動や精神に問題を抱える若者専門の治療施設、シャイロー治療センターに入れられた子どもは、どんな症状でもほぼ例外なく、親の同意を得ずに薬を投与されている、と主張するロサンゼルスのNPO、人権と憲法センターは、施設を管轄する米保健福祉省難民再定住室(ORR)を相手取り、4月16日に訴訟を起こした。

「施設の責任者から、君を大人しくさせるために注射すると言われた」──収容されていた子どもの一人は弁護士にこう語ったという。「職員2人に掴まれた状態で、医師に注射された。抵抗しても相手にされず、注射が終わるとベッドに放置された」

「シャイロー治療センターに入れられれば、ほぼ例外なく大量の薬を投与されることになる。もし親と引き離されて心が不安定になった子どもがいれば、向精神薬を投与されるはずだ」、と原告の代理人弁護士であるカルロス・オルギンは言った。

当時の記事を読む

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「不法移民」に関する記事

「不法移民」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不法移民」の記事

次に読みたい「不法移民」の記事をもっと見る

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月22日の国際総合記事

キーワード一覧

  1. 不法移民 日本

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。