子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

<もう3年も子供が生まれなった弱ったシャチの群れにやっと生まれた娘が、30分ほど母親と泳いだだけで動かなくなってしまった。死んだのだ。自分を責めるように、母シャチは子供を離さない。いったいいつまで?>

米ワシントン州のオリンピック半島沖で7月24日、死んだ我が子を連れて泳ぐ母シャチの姿が確認された。母シャチはJ35または「タレクア」と呼ばれている。絶滅危惧種に指定されているサザンレジデント・キラーホエールズの75頭いる群れのうちの1頭だ。子を連れて泳ぐその姿は8月8日にも確認され、これで16日目になる。

The orca known as J35 continues to carry her calf 16 days after she died. Could this sad story could be a catalyst for changing the way we think about other animals? #Tahlequah https://t.co/V58HdJvvPu— Earth Island Journal (@earthislandjrnl) 2018年8月9日

(右側に口を開いて横になった子供の顔が見える)

タレクアは、亡骸を頭にのせたりくわえたり押したりして運び、海に沈んでいくと潜って連れ帰る。子供が死んでからほとんど餌も口にしていないようで、このままでは、群れにとって貴重な繁殖期の雌であるタレクアまで病気になると、科学者たちは胸がつぶれる思いで母シャチの悲しみようを見守っていると、シアトル・タイムズは伝えた。...続きを読む

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2018年8月10日の国際総合記事
「子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    グリーンピースはキングサーモン漁師に襲撃かけろ!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。