慰安婦合意を捨て去った、韓国「馬耳東風」の論理

文在寅政権が「和解・癒やし財団」の解散を発表――強気の背景には世界的な人権重視のトレンドがある>

日韓関係はこうもこじれるものなのか。韓国政府が21日、15年の日韓慰安婦合意の根幹となる「和解・癒やし財団」の解散を発表した。合意に基づき、日本政府がこの財団に10億円を拠出。生存する47人のうち34人が1人当たり1億ウォン(約1000万円)を受け取っている。

だが、合意と財団は慰安婦支援団体をはじめ少なからぬ韓国世論の反発を受けてきた。「朴槿恵パク・クネ)前政権が日本と政治的な合意を結んだ」というのがその理由だ。文在寅(ムン・ジェイン)現政権はこれを受け、「法的拘束力がない政治合意で、公権力の行使とみるのは難しい」と発表。理事の大半が昨年末で辞任し、財団の実質的な機能は停止していた。

さらに韓国では10月末、大法院(最高裁判所)が徴用工問題に対し、「個人請求権はある」との判決を出し、日本の新日鐵住金に賠償を命令。65年の請求権協定で定められていない「個人請求権」を韓国司法が認めたことで、国際法違反という反発が日本側で強く起きた。そして今回の財団解散だ。安倍晋三首相も「国際約束が守られないのであれば、国と国との関係が成り立たなくなってしまう」と、強い口調で反発している。

しかし、韓国には馬耳東風だろう。「(財団解散について)もともと韓国国民は無関心な上に、文政権が慰安婦合意に否定的な声明を発表した延長線上にあると認識しているので、大きな問題になっていない」と、ある韓国の全国紙記者は言う。「日本側の反発も大したことがないと、大統領府や政府が思っている可能性はある」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ニューズウィークの記事をもっと見る 2018年11月30日の国際総合記事
「慰安婦合意を捨て去った、韓国「馬耳東風」の論理」の みんなの反応 8
  • 断交か徹底交戦か 通報

    韓国はその偽りの建国史からも、存在理由自体が反日であり、すなわち日韓友好、相生はありえない。相克でどちらかがなくなるか、無関係のねじれの位置で存在するしかない。

    6
  • 匿名さん 通報

    つまり、元慰安婦の癒しと和解が目的ではないということ。慰安婦はネタでしかなく、種々のネタを利用して恨を晴らし、日本を貶めたい。ただその一念が、韓国人の存在理由なのである。

    4
  • 国家未満 通報

    北もそうだが南も半島所在のエリアには国家もどきしか存在していない。だから約束などないのも同じ。普通の国と思うからいらだつのであって「もどき」なんでしょう、放っておこう。

    3
  • 匿名さん 通報

    韓国は元慰安婦の聴き取り調書を公開せよ! * https://youtu.be/h5lcGH6A2wg

    3
  • 韓国の偽りの建国史 通報

    米軍にぶら下がった李承晩大統領の悪業と非道 → https://www.google.co.jp/amp/s/ironna.jp/article/2236/amp

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「朴槿恵」のニュース

次に読みたい関連記事「朴槿恵」のニュースをもっと見る

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。