コスタリカが再生可能エネルギーだけで300日を記録

       
<ただしエネルギー消費の70%は自動車や家庭向けの石油製品>

中米のコスタリカは、利害対立のためになかなか温暖化対策を進められない欧米諸国をしり目に、再生可能エネルギーの記録を更新した。

英紙インディペンデントによれば、コスタリカは国内で使用する電力を300日間、再生エネルギーのみで賄い、2015年に自らが達成した299日の記録を破った。

コスタリカは、総発電量の約99%を5種類の再生可能エネルギーで生産している。

最大の供給源は水力発電で、再生可能エネルギーの78%を占める。残りは風力と地熱が各10%、バイオマス(生物資源)と太陽光が各1%という構成だ。再生可能エネルギーの活用によって、将来的に石炭や天然ガスなどの化石燃料への依存をなくせる可能性がある。

ただしそこには落とし穴がある。数字は電力に限ったもので、自動車や家庭用の化石燃料は調査に入っていない。再生可能エネルギーを推進するコスタリカの民間団体の活動家、モニカ・アヤラは300日間という記録について「素晴らしい」としながらもこう注意を促した。

「この数字は、コスタリカで消費するエネルギーの70%近くが石油だという弱点を隠している」

米仏は温暖化対策で混乱

欧米先進国はより大きな壁に突き当たっている。

アメリカは石油と天然ガスへの依存度が高い。インディペンデント紙によれば、これら2種類の化石燃料がエネルギー全体の3分の2を占める。2016年に再生可能エネルギーが占めた割合は15%、2017年には18%へと上昇した。
ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。