女の子が生まれない村 216人全員が男の子って?

       
<働き手にならない女の子を堕胎してしまう貧しさゆえの悪習を、インド政府は根絶しようとしてきたのだが>

インド北部のある地区で、過去3カ月に生まれた赤ちゃんの中に女の子が一人もいなかったことが分かり、当局が理由を調べ始めた。通信社ANIによれば、北部ウッタラカンド州のアターカシー地区の132の村では、過去3カ月で216人の赤ちゃんが生まれたが、その全員が男児で女児は一人もいなかったという。

インドでは女性蔑視の考え方が根強く、生まれてくる赤ちゃんが女の子だと分かると堕胎される傾向が強い。中央政府はこの悪しき慣習を覆そうと取り組んでいるが、アターカシー地区の一件を受けて、その政策が機能していないのではないかと懸念する声が上がっている。

中央政府は1994年に、男女産み分けのための中絶を法律で禁止した。それでも、女の子が生まれれば結婚の際に高額な持参金を用意しなければならず、男の子ならば将来の稼ぎ手になるという考えから、今もそうした中絶が一般的に行われている。

<参考記事>異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

以前この地区では聞いたことがない

ソーシャルワーカーのカルパナ・タクールはANIに対して、今回のアターカシー地区の統計結果は、当局の対策が十分ではないことを示していると語った。「これらの村で過去3カ月、女の子が一人も生まれなかったのが単なる偶然とは思えない。このデータは、アターカシー地区で女児の堕胎が行われていることを示している。政府や当局が何もしていないことのあらわれだ」

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月23日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。