世界各地に猛暑到来、数字で読むアメリカの異常気象

<世界各国と同様、史上最高に暑くて雨の多い夏を迎えるかもしれない今年のアメリカ――その異常気象ぶりを数字で見てみると>

雨や豪雪に見舞われ観測史上最大規模に「湿った」冬に続いて、史上最高に暑くて雨の多い夏を迎えるかもしれない今年のアメリカ。現在はハリケーンの季節だが、コロラド州立大学大気科学科の予測では、今年は大西洋岸を14の熱帯低気圧が襲う(そのうち強力化してハリケーンになるものが6つ)。

昨年11月、州史上最悪の山火事を経験したカリフォルニア州では今年も大規模な山火事が例年以上に起こり得ると当局はみている。さらに海洋大気局(NOAA)によれば、中西部でかつてないほどの洪水が起こる可能性があるという。

昨冬のアメリカの平均降雨量。過去最高で、標準より5.6センチほど多かった 資料:NATIONAL CENTERS FOR ENVIRONMENTAL INFORMATION

一生のうちに落雷に遭う確率。1年のうちの確率で見ると、120万分の1。宝くじのメガミリオンズに当選する確率は330万分の1 資料:NATIONAL WEALTH SERVICE

昨冬の1日の最大降雪量はアリゾナ州フラッグスタッフの91センチ。それでも1921年のコロラド州シルバーレイクでの24時間の降雪量193センチ(米史上最高記録)と比べれば半分以下だ 資料:THE WEATHER CHANNEL

05年のハリケーン「カトリーナ」の保険金額(18年推定)。米史上で最も被害額の大きなハリケーンだった 資料:INSURANCE INFORMATION INSTITUTE

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2019年8月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら