6000万年前のペンギンは、身長が152センチもあった

<ドイツの研究チームが現在までに存在したペンギンのうち最大級の新種が約6000万前に生息していたことを発見>

今から約6600~5600万年前の「暁新世」の時代に、現在のニュージーランドで生息していたと見られる巨大ペンギンの新種が発見された。

ドイツ・フランクフルトにあるゼンケンバーグ自然史博物館の古生物学者ジェラルド・マイヤーが率いる研究チームは、この新種のペンギンの身長が約152センチとヒトの成人ほどもあり、体重は約80キロあったと推定している。今回の研究は、オーストラリアの古生物学の専門誌「アルチェリンガ」のサイトで発表された。

この新種ペンギンは、これまでに存在したどのペンギンよりも大きな種で、現在も生息する身長120センチ前後のコウテイペンギンより遥かに大きいことになる。

新種ペンギンの痕跡は、2018年にアマチュア古生物学者のリー・ラブが、ニュージーランド南島のノース・カンタベリーで発見した。

ラブが発見したのは1つの個体の脚の骨と、翼の骨と見られる幾つかの骨の化石で、これらの化石を調べたマイヤーら研究チームが新種ペンギンと特定した。

ペンギンの進化と寒冷気候は無関係

マイヤーは本誌の取材に対して「脚の骨から新種のペンギンの全体像を再構築するのは当然ながら困難な作業だった。しかし暁新世の他のペンギンが現在のペンギンより長いくちばしを持っているので、新種もまた長いくちばしを持っていると推測した」と、話している。当時のペンギンのくちばしが長いのは、主に魚を食べていたためと考えられている。

さらに「この時代のペンギンは、亜熱帯性気候に生息していた。南極大陸が氷河に覆われるのはそれから約2000万年後で、ペンギンの進化は寒冷な気候とは直接は関係していない」とマイヤーは話している。

巨大ペンギンはニュージーランドに特有のものではなく、暁新世の南極大陸でも生息していたと見られている。

アリストス・ジョージャウ

あわせて読みたい

ニューズウィークの記事をもっと見る 2019年8月15日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら