「英語の義務教育」「英語の社内公用語」はグローバル化に役立つのか?

「英語の義務教育」「英語の社内公用語」はグローバル化に役立つのか?
今年4月から小学校で英語が義務教育化されるって皆さん知っていましたか?
小学5、6年の2年間、英語の授業が始まるようです。企業では楽天やユニクロなど英語を社内公用語にするというニュースも話題になりましたし、ますます英語は身につけなければいけない必須教科になってきました。
 
しかし、学校で勉強する英語は、文法ばかり。複数形に「S」がついていないからバツを付けられたり、過去形の綴りが間違っていたらマイナスにされるのですから、これでは英語なんて面白いわけがありません。身につかないのも当たり前。
 
グローバル化と言われて久しいですが、今ようやく日本の企業では「外国人採用」やグローバル戦略」ということが話題になっています。これに警鐘を鳴らすのは、アメリカで25年に渡り「グローバル人材研修」を手がけてきた「グローバル教育」社長の渥美育子氏です。
 
渥美氏は、青山学院大学の助教授を経て、ハーバードなど世界の有名大学で研究し、38年前にアメリカ・ボストンにて起業。「異文化マネジメントができる人材研修」の重要性にいち早く気が付きビジネスを展開したことから、1985年、なんと日本人女性としてはその当時ほとんど掲載されたことがない「TIME」誌に取材されたのです。
その「TIME」の記事がきっかけとなり、グローバル時代が始まった90年代には「IBM」、「デュポン」などトップクラスの多国籍企業の「戦略」を手がけることができたと渥美氏は振り返ります。

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る 2011年3月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「GU」のニュース

次に読みたい関連記事「GU」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。