青春時代のあるある映画体験 今もトラウマですか?

青春時代のあるある映画体験 今もトラウマですか?
突然だが筆者は現在31歳だ。時代から言えば、初めて映画を観たのはテレビで放送されていたものを観たのが初めてだったように思う。E.Tのデカ過ぎる目玉の大きさにギョッとしながら、恐る恐る映画を観ていた事をなんとなく覚えている。
みなさんはどうだろうか。筆者と同年代の人や、それ以外の年代の人たちでも、初めての映画体験はテレビだったという人は多いのではないだろうか?テレビに映る異世界に驚かされた記憶が、誰でも1つや2つはあるのではないだろうか?

今回そんなテレビであの時放送されていた映画にフューチャーした書籍が発売されている。タイトルは「トラウマ日曜洋画劇場」。
それまでゴジラしか観た事がなかった中学の少年が、名画座で観た「タクシードライバー」に衝撃を受け、タダで映画を鑑賞できるテレビの洋画劇場を観るために、昭和50年代になめるようにテレビ欄をチェックして過ごしたという、ライター・皿井垂さん作の洋画劇場愛を込めて執筆した一冊だ。

この本の面白いところは、やはり当時少年時代だった皿井さんの体験談だ。
一人でまだ映画を楽しんでいたあの時、当時の自分がどう思っていたか。現在のようにSNSで顔を知らない同士でも気軽に意見を交換し合える時代ではない。映画の思い入れはその当時の体験もより評価に影響する時代だったと思う。

例えば、ブルース・リー主演「ドラゴンへの道」の章では、『ブルース・リーの映画をテレビでやると、次の日の教室は大変だった。男子がどいつもこいつも「アチョー」と叫び、そこらじゅうで飛び蹴りをかましあうからだ。』などの記述がある。もちろんこれは昭和50年代の話だが、なんだか今の時代でも見られそうな風景である。

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る 2013年12月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。