【EU旅レポ】 世界の主要国「Wi-Fi」最新事情

【EU旅レポ】 世界の主要国「Wi-Fi」最新事情
普段、使っているスマートフォンや携帯電話は、基本そのまま海外でも利用できなく、日本にいる時の感覚で使用して帰国後、携帯電話会社から届いた高額の請求書を見て仰天する“パケ死”がよく聞かれた。そのトラブルがあとを絶たなかったため、各携帯電話会社は1日のパケット利用金額に上限を設けるようになった。その金額は1日2,000~3,000円ほどで、海外各国で提携する携帯電話会社に接続して利用する。

海外でそのまま自分のスマホを使ってインターネットにつなげられるのはやはり便利。1日2,000円なら、とつい使ってみたくなるが、滞在が長くなるほど利用料金は山積みになるので注意が必要だ。例えば、10日間の滞在なら2万円になってしまう。しかも、電話の通話料やSMS(ショートメール)の送信等は別途料金になる。

もし、海外滞在中に自分のスマホで安くネット接続したいなら「Wi-Fi」を利用するのが一番だ。だが、このWi-Fiは各国によって事情が異なる。

まず、アメリカは、IT先進国らしくWi-Fi環境がよく整っている。街中ではスターバックスコーヒーの店舗でWi-Fiが提供されているし、空港や高速列車、高速バスなどでもWi-Fiが無料で利用できるところが多い。しかも、回線スピードが日本よりもずいぶん速い。初期登録などという面倒な手続きもたいがい不要なのもありがたい。

ヨーロッパだと、北に行くほどネット環境が良く、南に行くほど悪くなる気がする。例えば、イタリアはマクドナルドにWi-Fiがあることはあるが、現地の携帯電話番号の登録を求められたし、空港では登録したEメール※を受信して確認した後で15分無料というシステムだった(※Eメールを受信する料金は別途かかる)

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る 2014年2月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。