【ハワイ 最新情報】 ハワイ旅行が「おひとりさま」にいろいろ厳しい理由と対処法

【ハワイ 最新情報】 ハワイ旅行が「おひとりさま」にいろいろ厳しい理由と対処法
ハワイといえば、一度は誰もが行ってみたい場所。しかし、1人ではなんか行きづらい・・・と思っていませんでしょうか。実際、1人で行ってみて率直な感想です。

ホテルが高い、ビジネス向けが皆無
まず、現地のホテル代が高い。アメリカは1人あたりでなく1室あたりの料金です。複数であれば2人だと半額、3人だと3分の1になるのでそれほど高く思えないかもしれませんが。客室も広く、というより広すぎます。現地の税金、リゾート料などの加算額も多々。「スーパーホテル」のようなビジネス向けホテルなど皆無です。1人ならドミトリーという手もあるもののドミトリーも少なめ、頼みの綱の民泊「Airbnb」も高額です。宿泊費は半ば諦めるよりほかはありません。


カップルだらけ、しかも日本人
日本人の新婚旅行といえばハワイ、と言われるほどの定番スポット。以前ほど大挙してハワイに行っているわけではないものの、ワイキキエリアはやはり多いです。もし1人なら、食事の時などはけっこう「虚しい」気分になるかも。旅慣れていれば、ワイキキエリアからさっさと脱出しましょう。日本人観光客が少ないローカルなエリアだと1人でも目立ちません。


空港からの移動にお金がかかる
ホノルルでのネック、空港からの移動かもしれません。ほとんどの人は旅行会社が用意したバスが空港に迎えに来ているので問題はなさそうですが、個人客は大変です。片道16ドルもするワイキキのホテル行きシャトルバス、もしくはタクシー(片道40ドルほどかかる)のみ。路線バスはスーツケースなど大きな荷物があると乗せてくれません。ワイキキ以外のエリアはタクシー一択。いっそのこと出費度外視でレンタカーを借りても良いと思います。

(Written by AS)

元の記事を読む

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る 2018年1月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら