【広島県民の習慣】「養命酒(ようめいしゅ)」じゃなく「保命酒(ほうめいしゅ)」が大好き!!

【広島県民の習慣】「養命酒(ようめいしゅ)」じゃなく「保命酒(ほうめいしゅ)」が大好き!!
広島県福山市。人口は46万人と、広島市に次ぎ2番目の多さを誇り、歴史的に見ても、江戸時代には岡山県井笠地方を含む備後都市圏の中心都市でもあった。

そんな福山市には「保命酒(ほうめいしゅ)」という名の薬用酒があり、健康の維持として親しまれているという。「保命酒」は酒屋だけでなくスーパーでも販売されており、「保命酒の酒粕」も併せて親しまれているそうだ。

市内には「保命酒」を作るメーカーは4つあり、それぞれ製法は微妙に違うものの【16種類ほどの生薬を使ったお酒=保命酒】を作っているとのこと。

「保命酒」は、冬にはお湯割りで呑むと体が温まり、夏はロックや水割り・炭酸割りで呑むと夏バテ予防になると言われているぞ。


【参考記事】
2010.04.10 中国新聞朝刊

福山イトーヨーカドー福山店は9日、食品売り場をリニューアルオープンした。高さ165センチ、幅90~120センチの陳列スペースを単一メーカーに割り当てる売り場を新設。「地元で評判の味」とアピールし、特色を紹介する。保命酒や府中みその専用コーナーもある。

【参考記事】
2005.10.15 中国新聞 中国朝刊 広島東

福山市春日町の24時間スーパー「マックスバリュ春日店」で賞味期限を2カ月以上過ぎた酒かすを販売していたことが14日、分かった。同店を経営するマックスバリュ西日本の本社役員らが同日、福山市保健所を訪れ経緯を報告。保健所は現地視察し、商品管理の徹底を文書で指導した。同社によると、同市鞆町の保命酒蔵元が製造した「保命酒の花」(200g)。8日、広島市内の食品卸会社から50個を入荷し、9-13日に9個を販売した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Nicheee!の記事をもっと見る 2019年6月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。