令和に残したい!忘れちゃいけない平成の名曲10選【後編】

令和に残したい!忘れちゃいけない平成の名曲10選【後編】
前回に引き続き、「音楽だいすきクラブ」の「ネットの音楽オタクが選んだベスト平成ソング」に漏れたアーティストの楽曲からチョイスする「忘れちゃいけない平成の名曲」の後編。

今回は、平成後半の名曲を紹介していく。


54-71 「ugly pray」(平成20年)

存在が異端すぎて評価が難しく、過小評価になりがちなアーティストはどの時代にもいるが(「あぶらだこ」など)、54-71もその一つ。
極端に音数を減らしたスカスカでバキバキで無機質な演奏の上に、独特なラップが乗り、唯一無二のグルーブを生む。
「ugly pray」が収録されたアルバム「I'm not fine,thank you.And you?」はレコーディング・エンジニアに巨匠スティーブ・アルビニを迎えた名盤。
ボーカルの佐藤ビンゴとベースの川口賢太郎は、ドキュメンタリーを発信するVICEの日本法人「VICE JAPAN」の社長と編集長を務めており54-71は実質活動休止中。

【動画】



鬼 「小名浜」(平成20年)

小名浜とは福島県いわき市にある地名。ラッパー鬼の出身地だ。
鬼は故郷の小名浜について好きでも嫌いでもなくただの“地元”だと語る。家庭環境や服役経験、友の死なども赤裸々に綴った自叙伝的な楽曲「小名浜」には鬼なりの故郷への想い込められているように思う。

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る 2019年6月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。