幻想的な“和イルミ空間”を演出!「和のあかり×百段階段 2019」が9日1日まで開催

幻想的な“和イルミ空間”を演出!「和のあかり×百段階段 2019」が9日1日まで開催
 7月6日から9月1日まで、ホテル雅叙園東京の東京都指定有形文化財「百段階段」にて「和のあかり×百段階段 2019」が開催される。第5回目となる今回は、青森、宮城、関東地方、九州を中心に40にも及ぶ団体や個人による作品が集結。宮崎県の放置竹林の間伐材を使用した環境問題をアートに変換する竹あかり作家NITTAKE氏による幻想的な空間インスタレーションや、本場のイベントでは100万人来場するという「長崎ランタンフェスティバル」との色彩コラボレーションなど様々なアート作品を楽しむことができる。


エレベーターを降りると目の前には迫力満点の「ねぶた」がお出迎え。第1回目より「漁樵の間」で展示されていたが、今年は最初に出会う作品=ウェルカムねぶたとして来場者を歓迎する。百段階段のエレベーター自体、螺鈿をあしらわれた非常に幻想的なものだが、その扉が開いた瞬間にこのねぶたが登場する様は圧巻だ。


十畝の間にあるのは、宮崎県の竹あかり作家NITTAKE氏による作品が展示。コンセプトは「都会の中に生まれたオアシス~夏の涼しさ~」。背面に立つ竹はビルをイメージ、手前には軽やかなラインと涼しげな金魚のモチーフで夏の涼を表した。この美しいアートが、元々は廃棄されるハズだった放置竹林の間伐材を使用しているとは想像もつかない。さらに、展示が終わったら竹炭に変えて活用をするとのこと。アートを通して、環境問題に興味を持ってほしいというNITTAKE氏の想いの強さを感じる作品だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Nicheee!の記事をもっと見る 2019年7月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。